FC2ブログ

迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

状態変数型発振回路6

ケースに入れてみました。入れてから気付いたのですが、基板上の部品配置が悪くて二連ボリュームまでの配線が長くなってしまいました。出来ればやり直したいですね。
ケースに入れた事により商用電源の高調波は減りました。
状態変数型発振回路ケース入

異なるレンジで同じ周波数を発振させてみたときのスペクトルです。
周波数はリニア表示しました。
VR1の値が大きいと偶数次の高調波が大きくなります。理由がわかりません。
発振スペクトル2

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://edycube.blog.fc2.com/tb.php/607-62a4edeb

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

クリスマス電飾・六芒星 2019/11/14
M5StickC バッテリーの電圧、放電電流、充電電圧を測ってみる 2019/10/21
OLEDの焼き付き 2019/10/13
M5StackにMLX90640をつないでみる(3)視野角の違うセンサーの比較 2019/10/11
M5StackにMLX90640をつないでみる(2) 2019/10/10
M5Stackにミニサーマルカメラユニット(MLX90640)をつないでみる(1) 2019/10/09
M5StickCにNCIR(MLX90614)をつなぐ(2) 2019/10/06
M5StickC NCIR(MLX90614) 2019/10/05
M5StickCと ENV hat 2019/09/28
エモグラスを使ったハローウィンの電飾 2019/09/22

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (491)
HX711 (2)
ACS712 (6)
DDS (3)
数学 (6)
パソコン (16)
PLC (14)
未分類 (42)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (35)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)
Android (1)
obniz (7)
M5Stack (5)
Analog Discovery (1)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

ブログリンク

Template by たけやん