FC2ブログ

迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

乾湿式湿度計の実験

湿式1
実験と言うよりはお遊びと言った方がいいかもしれない。
Wikipediaより引用する。

2つの温度計からなり、うち1つは蒸留水で球部を常に湿らせた状態で用いる。こちらは湿球と呼ばれ、球部での水の蒸発によって温度が下げられるため、通常もう1つの温度計(乾球)よりも低い温度を示す。


ここでは熱電対にガーゼをかぶせ水につけてしめらせて湿球の役目をさせている。
乾球の役目は内蔵したLM35である。
乾球=30℃、湿球=25℃と読める。
乾湿計 => 湿度換算表からすると湿度は65%と言うことになる。
このときすぐそばに置いたSHT-71を使った湿度計の表示は52%であった。
えらく違いがあるがテキトーにやったのでこんなもんでしょうか。
再度Wikipediaより引用する。

湿球が適切な湿潤状態でないと正確な測定ができない。また、汚れた場合は糊気をなくしたガーゼに取替えが必要である。


蒸留水を使い適切な湿潤状態を保つ必要があるということだけど、テキトーに切ったガーゼに水道水で代用してしまった。

乾湿計 => 湿度換算表を見ると、湿度は乾球と湿球の温度差で大きく変わる。
熱電対を湿球の代わりに使ってみたが、元々は百度以上の高温を測るのが目的で分解能を1℃にしてある。分解能をもっと細かくすればいいのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
https://edycube.blog.fc2.com/tb.php/470-a668c344

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

Ali でお買い物:Infinity Mirror 2019/06/22
M5Stack再び 2019/06/22
Anker PowerCore II 10000 2019/06/14
店の電飾 2019/05/22
OPENSCOPE MZ(5)OpenScope MZ Reference Manual 2019/05/06
OPENSCOPE MZ(4)スイッチのチャタリング 2019/05/06
OPENSCOPE MZ(3)サブノートで使えなくなった。 2019/04/30
GL04PにSIMを入れる。 2019/04/30
OPENSCOPE MZ(2) 2019/04/14
OPENSCOPE MZ(1)アクリルケース組み立て編 2019/04/06

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (482)
HX711 (2)
ACS712 (6)
DDS (3)
数学 (6)
パソコン (16)
PLC (14)
未分類 (42)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (33)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)
Android (1)
obniz (7)
M5Stack (1)
Analog Discovery (1)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

ブログリンク

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん