FC2ブログ

迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

M5StickC バッテリーの電圧、放電電流、充電電圧を測ってみる

M5StickCはバッテリーが内蔵されていますが80mAHと容量が小さいのであまり長時間は使えません。
その辺りを調べてみようかと思いましたが、既に何人かの方が記事にされています。

とうふ荘さん M5StickCのバッテリーでの動作時間
らびやんさんのツイート

とはいえ自分なりにM5StickCの勉強を兼ねて調べてみました。
Lang-Shipさんの
M5StickCのバッテリー管理AXP192を調べる
電源管理(AXP192)
を参考にさせて頂きました、とても助かりました、ありがとうございます。

まずはバッテリ電圧の取得。
loop内で
double vbat = M5.Axp.GetVbatData() * 1.1 / 1000;
で電圧を取得して表示するだけのスケッチです。
GNDとBAT端子にテスターをつないで測定、ほぼあっています。
vBat.jpg

1.1をかけるのはAXP192データシート26ページにBattery Voltage Step 1.1mV となっているからです。
同様にバッテリの充放電電流のStepは 0.5mAであるとわかります。
AXP192データシート切り抜き

バッテリ電圧だけでなく、充放電電流も測れるようにスケッチを書きました。
CPUクロックも変えられるようにしました。

充電時ですが電流はバッテリーの状態によって変化します。
充電電流

クロック20MHzでの放電電流、ばらつきますが目視で約20mA程度。
放電電流クロック20MHz

クロック240MHzの放電電流、これもばらつきますが、目視で45mA程度。
放電電流フルクロック

シリアルモニターで見たいところですがケーブルをつなぐと充電されるので放電電流は測定できません。
WifiかBluetoothで飛ばせばいいんでしょうけど、まだ勉強が進んでません。
スポンサーサイト



M5StackにMLX90640をつないでみる(3)視野角の違うセンサーの比較

視野角の違う二つのMLX90640モジュールを比較するために手持ちの治具を使ってできるだけ同じ方向に向けてみました。

MLX90640比較

例によって自撮り、センサーとの距離は約50センチ、上は視野角110°、下が視野角55°のセンサーです。
スマホを右手でもち、左手で上を支えて写真を撮りました。

MLX90640比較1

次は距離約30センチの自撮り。
今度は上が視野角55°下が110°のセンサ。
上は眼鏡が分かるんですが、下は眼鏡より口付近の温度が高くなっているように見えます。
MLX90640比較2


M5StickCにNCIR(MLX90614)をつなぐ(2)

MLX90614は物体温度(Object temperature)と周囲温度(Ambient temperature)が測定できますが、先の記事では物体温度だけ表示していました。
両方表示するためにAdafruit-MLX90614-Libraryを使います。
実際には
M5StackとNCIRモジュールで、飲み物の覚めすぎを防止する
というQiita.comの記事を参考にしました。ありがとうございます。
記事のスケッチから私には不要な部分をカットしてM5StickCに移しました。

カッコ悪いんですが、M5StickCとNCIR(MLX90614)モジュールを結束バンドで仮固定しました。
表示上が物体温度、下が周囲温度です。
M5StickC_MLX90614表

M5StickC_MLX90614裏

見た目が悪いし表示も愛想ないので、もう一工夫したいところです。


M5Stick

M5StickC、小さいです、横48ミリ、縦24ミリ。
サンプルスケッチのTFT_Pie_Chartを動かしてみたところです。スマホカメラの問題なのか実際の色と違っています。
ディスプレイが小さくて老眼にはつらいです。(涙)
DSC_0238.jpg

ライブラリのインストールが必要です。
M5Stack_ライブラリ

ライブラリをインストールするとサンプルスケッチが使えるようになります。
M5Stick_スケッチ例

M5Stack FIRE とMLX90640 サーマルカメラユニット

MLX90640 は以前から使ってみたいと思ってましたが、私のスキルでは手に余るのは十分承知していました。
それがM5Stackで使えると言うので飛びついてしまいました(汗)

M5Stack用ミニサーマルカメラユニット

当然M5Stackも必要ですので、
M5Stack FIRE

M5StackFire_MLX90640.jpg

とりあえずセットアップ、スイッチサイエンスさんの
M5GOのセットアップから使い方いろいろ
を参考にしたのですが、Wifiセットアップでパスワードを打ち込まなきゃならんのですよ。
今、コタツに入って作業してるんですが、Wifiルータは二階の寒い部屋にあり、動きたくないんです(汗)

とりあえず朝ごはん食べてから再開します。


 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

M5StickC バッテリーの電圧、放電電流、充電電圧を測ってみる 2019/10/21
OLEDの焼き付き 2019/10/13
M5StackにMLX90640をつないでみる(3)視野角の違うセンサーの比較 2019/10/11
M5StackにMLX90640をつないでみる(2) 2019/10/10
M5Stackにミニサーマルカメラユニット(MLX90640)をつないでみる(1) 2019/10/09
M5StickCにNCIR(MLX90614)をつなぐ(2) 2019/10/06
M5StickC NCIR(MLX90614) 2019/10/05
M5StickCと ENV hat 2019/09/28
エモグラスを使ったハローウィンの電飾 2019/09/22
ターンテーブル 2019/09/16

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (490)
HX711 (2)
ACS712 (6)
DDS (3)
数学 (6)
パソコン (16)
PLC (14)
未分類 (42)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (35)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)
Android (1)
obniz (7)
M5Stack (5)
Analog Discovery (1)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

ブログリンク

Template by たけやん