FC2ブログ

迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

ダイソー回転台をステッピングモーターで回す。(1)

ダイソーで直径25センチの回転台を手に入れました。これをモーターで回転させて店の飾りに使えないかと思いつきました。
モーターは28BYJ-48 を使います、ドライバーとともにアマゾンで入手しました。

ネットで調べると既に何人かの人がやっておられます。
Arduinoとステッピングモータで100均のターンテーブルを回す
電動ターンテーブルの製作
緊急クエスト -電動回転台を製作せよ-

いずれの方法も回転台の縁にギアなどを押し付けて回しています。
同じ方法では面白くありません。
回転台をバラして考えているうちにモーターのシャフトを直接回転台の上面につなげてはどうかと思いつきました。

ダイソー回転台_上側穴回転台上面のねじ穴。


ダイソー回転台_下側モーター取り付けモーターは回転台下面にねじ止めします。


ダイソー回転台_下側モーターシャフト回転台下面から見えるモーターシャフト。
このまま上面を乗せてもねじ穴が大きいので空回りするだけでした。


ダイソー回転台_結束用面テープあれこれ試して、ど~にかたどり着いたのがこれ。
結束用面テープ、いわゆるマジックテープです。


ダイソー回転台_結束用面テープ接着5ミリx15ミリに切り、接着剤で貼り付け、上面を押し込みます。
簡単に書いてますが、幅と長さは試行錯誤して求めました。
ぴったりとはまっているわけではないのですが、目的からすれば問題ありません。
ここら辺はもう少しちゃんとしたいところです。



無水アルコールを乗せて回してみました、満タンではないのですが約310グラムあります。


ダイソー回転台_arduinoとモータードライバ制御にはびんぼうでいいのにブートローダー書き込み済みATMega328を載せたものを使ってます。ボードデータはArduino Fio相当です。
モーターの電源にはLS-TTL時代に作ったのを使いました、アナログ式ですが電流計が付いていますので。
モーター回転時は約300mA流れました。


スケッチは
ステッピングモーター(28BYJ-48)の動かし方 (ULN2003A使用)
を参考にさせていただきました。
時計回りに一回転して3秒停止、反時計回りに一回転して3秒停止を繰り返します。
モーター停止時にはモーターをオフにしてます。消費電流を抑えるのとモーターの発熱を抑えるためです。


/*
2018/10/01
ダイソー回転台をステッピングモーターで回す
edy
*/
#include <Stepper.h>

#define motorSteps 32

Stepper myStepper(motorSteps, 8,10,9,11);
void setup() {
myStepper.setSpeed(300);

Serial.begin(9600);
Serial.println("Start Test");
}
void loop() {
// 時計回りに1回転(2048パルス)
Serial.println("Forward");
myStepper.step(2048);
//停止時にモーターへの電流をとめる
stopMotor();
delay(3000);

// 反時計回りに1回転 (2048パルス)
Serial.println("Backward");
myStepper.step(-2048);
//停止時にモーターへの電流をとめる
stopMotor();
delay(3000);
}

// モーターへの電流を止める
void stopMotor() {
 digitalWrite(8, LOW);
 digitalWrite(9, LOW);
 digitalWrite(10, LOW);
 digitalWrite(11, LOW);
}



とりあえずここまで。
スポンサーサイト

ダイソー:笑いながら光るかぼちゃ

ダイソーで見つけました、笑いながら光るかぼちゃ。200円也(税別)
笑って光るかぼちゃパッケージ

早速分解、電池はLR44 三つ。
笑って光るかぼちゃ分解

こんな風に笑って光ります。

光り方はチープですが、笑い声は使えます。
問題はエンドレスに笑いながら光ること。電流を測ったらピークで90mAほどあります。
これではすぐに電池がなくなりますが、大きな容量の電池に交換すればいいだけです。

笑いっぱなしでは面白くないのでセンサーを使って人が近づいたら笑うようにするか、タイマーで数秒から数十秒おきに笑うようにすればいいでしょう。
人感センサーならパナソニックの NaPiOn かな~。秋月では同じくパナソニックの PaPIRs を売ってますが、送料がねぇ。(当方、大阪なので)
ちなみに PaPIRs と NaPiOn の違いはこちら

LEDは別に光らせたほうが良いでしょうね。

さて、どうしましょうか。

デジタルタイマーAPT70

かぼちゃの電飾を店に飾りました。
意外に好評だそうで、写真を撮る人や、動くのでびっくりした人もいるそうです。
それはいいのですが店の開店時間は平日は午前7時から午後10時まで、土日は午前7時から午後8時までとなってます。
閉店時間中は電飾を消しておきたいんです。
ならタイマーがあればいい。Arduinoと RTC、LCD にスイッチを使えば作れるかもしれないけど、時間がかかりそうなので市販品を探していたら、適当なのが見つかりました。
デジタルタイマーAPT70

APT70正面
APT70斜め後ろ

14個までプログラムを設定できます、しかも秒単位で。
曜日設定も
毎日、各曜日、平日(月~金)、休日(土、日)
と選べるので私の目的にはぴったりです。

ちょっと厄介なのがプログラムの設定方法です。取扱説明書がいささか難解でして、何度か失敗しました。
もう少し丁寧に書いて欲しいものです。アマゾンのレビューでも設定が面倒と言う書き込みがありました。
とはいえ便利です。
同じようなものを自作する気が失せました。

ハローウィンの電飾2018年版(2)

店に持っていって仮設置。
かぼちゃの上にあるのはサーボモーターです。これで90度首振りをさせています。
かぼちゃ電飾仮設置1 かぼちゃ電飾仮設置2

サーボモーター制御基板、実は昨年も首振りをさせたました。そのときに作った基盤ですが、Arduino NANO から Pro Mini に変更しました。
かぼちゃ電飾・サーボモーターと制御回路
と言うわけでこの電飾には贅沢にも(汗)Arduinoを三つも使ってます。

家での首振り実験の様子。

ハローウィンの電飾2018年版(1)

昨年のハローウィン用電飾に使ったかぼちゃに今年はWS2812ringを使ってみました。
実験段階ですので両面テープで貼り付けただけです。

かぼちゃ電飾1

制御基板です。
aiendoさんの あちゃんでいいのver1. とスイッチサイエンスさんのブートローダー書き込み済みATMega328 を使っています。
最近はNANOやProMini互換機を使うばかりで放置したままのを引っ張り出してきました。
二つ使ってますが、二つのLEDリングを独立して制御しようと思ったからです。

かぼちゃ電飾_制御基板

自分でWS2812を制御するプログラムなんて書いてるヒマも能力も無いので、ここではFastLEDライブラリーを使いました。
サンプルが豊富で、その中のColorPaletteをちょっといじって実験中です。
オリジナルのままだと眩しすぎるので輝度を落としたり、スピードを変えたりしています。
表示パターンもいろいろと変えてみたいのですが、ライブラリーの使い方をまだ理解していないのでとりあえずこのままです。
9月半ばには店の飾り付けをするというので、それまでに間に合わせなければ。
でもハローウィンって10月の終わりですよね、気が早すぎるといつも思います、まぁスーパーマーケットはたいていこんなものですが。


メイカーズバザール大阪

今年も行ってきました、メイカーズバザール大阪。初日は都合が悪く、二日目に行きました。
一番のお目当てはobniz。 #obnizをSNSでシェアすると特別価格になるということでしたが、そんなことしなくても特別価格で買えました。
obniz箱入り

勿論あれこれ見回って展示物をいろいろ見ました、詳しくはこちらをご覧になったほうがよろしいかと

特に気になった展示物を紹介します。
いしかわきょーすけさんの手のひらサイズペンプロッタ。複数台ありました(10台ぐらいだったかと・・・)
写っている作者のいしかわさんの手からプロッタの大きさがわかると思います。
一番右のプロッタがプロットしているのは再帰曲線の一つであるヒルベルト曲線
パソコンの画面上で描画できますが、プロッタがひたすら書いている姿は感動的ですらありました。(昔からこういうの好きなので)
ちなみに売り物ではないそうです。
ミニペンプロッタ

次はチームPBBさんのProgrammable Breadboard(すいません、写りが悪かったので写真は載せません)
ブレッドボードはジャンパワイヤで配線していくのが普通ですが、これにはありません。
内部にアナログスイッチを設けてそれをオンすることで配線すると言うことなのですが、最初聞いたときは信じられませんでした。
そんなことしたらアナログスイッチが山のように必要になりますから。
詳しくはこちらのリーフレットに書いてありますが、アナログスイッチが960個!。
内部がどうなってるのか見たいところですが、見せてくれとは言えませんでした。
今のところ試作機しかないそうですが、完成品はいくらぐらいになるんでしょうか?


後まだあるのですが、整理がついてないので後日(多分)

AliExpressでお買い物:PogoPin

AliExpressに注文していたPogoPinが到着。
100個入りだそうですが、数えてません。
pogopin.jpg

ものは試しと、使い古したユニバーサクル基板にペンチで無理やり押し込んでみました。
基板の穴は1ミリ、入手したPogoPinの径は1.3ミリですからわずかに大きいのですが、うまく入りました。
もちろんちゃんと固定しないと何度も使っているうちにガタがきそうです。
pogopin2.jpg

ダイソー ペンダントライト・Arduino Pro Miniを組み込む


前の記事にコメントをいただきました。
AliExpressのPCB Test Fixtureと同じようなものをPOGOピンを使って作られたそうです。
AliTestFixture.jpg
(←AliExpressより引用)


上記のは10ピンですが、調べてみると6ピンのPCB Test Fixtureがあり Pro Mini のスケッチ書き込みにぴったりです。
早速にもポチりたいところですが、到着までに時間がかかりそうです。

前の記事で書いたスルーホール用テストワイヤを使うつもりでしたが、Pro Mini のピン配置を見ていて別の方法を思いつきました。

スケッチの書き込みにはDTR、TXO、RXI、VCC、GND が必要です。
↓の右辺にありますが、上辺にもVCC以外が並んでます。


そこでピンソケットの足をこのように曲げます。DTR 用の足は曲げ位置を変えてます。
ピンソケット加工

Pro Mini に取り付けます。VCCは別に配線します。
ピンソケットをつける裏

ペンダントライトに組み込み、必要な配線をしました。
ペンダントライト_ArduinoProMini3

LED駆動用のトランジスタには手持ちのRN1226を使いました。これはベース抵抗の入っているいわゆるデジタルトランジスタですが、ベース抵抗が1KΩと低めでベース電流が4mA近く流れてしまいます。
このままでは振動に弱いのでホットボンドで固定するつもりです。
ペンダントライト_ArduinoProMini4

なおLED基板の電流制限抵抗は8.2Ω、電圧降下は実測で1.12VでしたのでLED電流は約14mAとなります。
ですからベース電流に4mAも流すなんてもったいないです。
ちょっと急いだので雑なつくりになってしまいました。

ダイソー ペンダントライト・Arduino Pro Miniを組み込む(予定)

ダイソーペンダントライトで電飾するにはコントローラーが必要ですが、Arudino Pro Miniがうまい具合に収まります。
写っているのは手持ちのクロック16MHz版ですが、スピードは必要ないでしょうから8MHz版で試すつもりです。
AliExpressで200円前後で手に入ります。
LEDの制御にはトランジスタかMOS FETを使えばいいでしょう。
ペンダントライト_ArduinoProMini

問題なのはスケッチの書き込みです。このままではヘッダピンをつけることができません。
一つの方法としてスルーホール用テストワイヤというのが使えそうです。
調べたところ
秋月のスルーホール用テストワイヤTP-200
サンハヤトのスルーホール用テストワイヤTTW-200
の二つがあります。
ただアマゾンのレビューでは何度も抜き差しすると使えなくなるということです。
JO3GBDさんのブログを読むと抜き差しを繰り返すとスルーホールが傷んでしまうようです。
とはいえ便利そうなので試してみるつもりです。

トロイダルコアFT37-61を試す(1)

ヤフオクでトロイダルコアFT37-61を10個手に入れました。

AD9833を使ったファンクションジェネレーターの出力LPFを設計し直してます。
LCフィルタなのですが、キャパシタはともかくインダクタに適切なものをなかなか見つけられません。
だったら自分で巻いてしまえ、と思った次第です、今までやったことが無いのですが。

インダクタンスは巻き数の二乗に比例するということだけは知ってます。

FT37-61はAL値:55.3、帯域:0.1-10MHzとなってます、今回の目的はカットオフ8MHz位のLPFなので適切なのかどうかは正直わからんのですが、とりあえず巻いてみました。

インダクタ3

測定には自作のLメーターを使いました。8年ほど前にPSoC1を使って作ったものですが、ちゃんとした記録を残してなかったので回路図とプログラムが見当たりません。
自作Lメーター

FT37-61は10個あるので3回、5回、10回、15回、21回と巻いたものを用意し測定してみました。
二次関数による近似式を当てはめてみました。
近似式からAL値は56.2となりました。カタログ値は55.3ですからよく合っているといえます。
巻き数_インダクタンスグラフ

・インダクタンスは巻き数の二乗に比例するということがわかりました。
・以前に作ったLメーターがそこそこ使えるということがわかりました。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

パソコンを新調しました。 2018/11/11
ダイソー回転台をステッピングモーターで回す。(1) 2018/10/01
ダイソー:笑いながら光るかぼちゃ 2018/09/15
デジタルタイマーAPT70 2018/09/14
ハローウィンの電飾2018年版(2) 2018/09/08
ハローウィンの電飾2018年版(1) 2018/09/02
obniz(8)obnizフォーラム開設、obnizはクラウド経由のI/Oポート。 2018/08/19
obniz(6)obnizがマイナーアップデートされるらしい。 2018/08/02
obniz(5)電源ラインのリプル・LM35・LED 2018/07/29
obniz(4) obnizをブレッドボードに載せる・ブロックプログラミングでLM35を使ってみる 2018/07/21

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (461)
HX711 (2)
ACS712 (6)
DDS (3)
数学 (6)
パソコン (13)
PLC (14)
未分類 (40)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (33)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)
Android (1)
obniz (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

ブログリンク

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん