迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

7セグメントLCDをPSoCで制御する・SPIMクロックの違いによる消費電流

settingSPIM_LCD.jpgテスト条件
PSoCにはCY8C27443を使った。
sleep timerは64Hzにセット。
グローバルリソースおよびSPIMの設定は左図の通り。
SPIMのクロックをあれこれ換えて消費電流を測った。



クロック
(MHz)
周期
(μS)
電流
(μA)
80.1360
0.81.25100
0.42.50160
0.244.17220
0.25.00260
0.156.67340
0.110.00480
0.0812.5600

結果は左の表の通り。
SPIMへのクロックが高いほどすなわち周期が短いほど消費電流が小さいという考えてみれば当たり前の結果となった。
プログラムはスリープタイマによりスリープが解除されたらセグメントデータをSPIMで送って再びスリープするというもの。
だからSPIMの動作中はCPUが「起きて」いるのでその間電流が流れる。
消費電流を抑えたかったらなるだけ早くCPUを「寝かしつける」必要があるということになる。
同じ理由でCPUクロックは早いほうがいい。

// 7segment LCD drive
// スリープタイマ使用(64Hz)
// Ver 0.1 2009/10/10
// Ver 0.2 2009/10/12
//----------------------------------------------------------------------------

#include // part specific constants and macros
#include "PSoCAPI.h" // PSoC API definitions for all User Modules

# define LOBAT 0x01
# define minus 0x02
# define plus 0x04
# define dot 0x08
# define digit1bc 0x10

void send_SPI(BYTE data)
{
SPIM_SendTxData( data );
while( ! (SPIM_bReadStatus() & SPIM_SPIM_TX_BUFFER_EMPTY ) );
}

void main()
{
int counter =600 ;
BYTE phase = 0 ;
BYTE d_pattern4 , d_pattern3 , d_pattern2 , d_pattern1 ;
BYTE d4 , d3 , d2 , d1 ;

int n=0 ;
BYTE sec , min ;

BYTE seg_pattern[]={ 0xfc , 0x60 , 0xda , 0xf2 , 0x66 , 0xb6 , 0xbe ,0xe4 , 0xfe , 0xf6 ,
0xee , 0x3e , 0x9c , 0x7a , 0x9e , 0x8e , 0x00} ;
// 0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,b,C,d,E,F and space

M8C_EnableGInt;
M8C_EnableIntMask(INT_MSK0, INT_MSK0_SLEEP);

Latch_Start() ;
SPIM_Start(SPIM_SPIM_MODE_0 | SPIM_SPIM_MSB_FIRST) ;

while(1)
{
M8C_Sleep;

// update LCD
if ( phase == 0 ) {
phase = 1 ;
d_pattern4 = d4 ;
d_pattern3 = d3 ;
d_pattern2 = d2 ;
d_pattern1 = d1 & 0x7f;

send_SPI(d_pattern4) ;
send_SPI(d_pattern3) ;
send_SPI(d_pattern2) ;
send_SPI(d_pattern1) ;
}
else {
phase = 0 ;
send_SPI(~d_pattern4) ;
send_SPI(~d_pattern3) ;
send_SPI(~d_pattern2) ;
send_SPI(~d_pattern1) ;
}
while( ! (SPIM_bReadStatus() & SPIM_SPIM_SPI_COMPLETE ) );

Latch_On() ;
Latch_Off() ;

// end of update LCD

counter++ ;
if ( counter > 63 ) { counter = 0 ; }
if ( counter == 0 ) {
min = n / 60 ;
sec = n % 60 ;
d4 = seg_pattern[sec % 10] ;
d3= seg_pattern[sec / 10] ;
d2 = seg_pattern[min % 10] ;
if (min >=10) {d1 = dot | digit1bc ;} else {d1 = dot ; }

n-- ;
if (n<0) { n = 600; }
}


}
}
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog.fc2.com/tb.php/483-b80ef931

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

DABP発振回路を使ってキャパシタのESRを測定する構想(2)断念 2018/02/15
Androidアプリ:Resonance Calculator LC共振回路の計算に便利 2018/02/03
DABP発振回路を使ってキャパシタのESRを測定する構想(1)追記あり 2018/01/27
スマホとmicro:bitをBluetoothでつなぎたいのだが・・・。 2018/01/27
Androidアプリ:Signal Generator 2017/12/31
エレコム EHP-AHR192 を試す。(1) 2017/12/17
AliExpressでお買い物:TPS60403テスト 2017/12/02
AliExpressでお買い物:スイッチトキャパシタ電圧コンバータ三種(1) 2017/11/29
ATmega328 Maximum Frequency vs. VCC 2017/11/26
AC電力計(2) 2017/11/19

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (434)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (32)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)
Android (1)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

ブログリンク

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん