迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

周波数カウンタ・デュアル

二行表示のLCDなんだから、周波数カウンタもデュアルにしました。
dulafcounter061211_1


同じ信号を入れてやると、当然同じ表示。
dualfcounter061211_2

実は最初、同じ信号を入れているはずなのに表示が異なり、焦りました。
オシレータ出力が矩形波ではなく間違えて正弦波に設定していておまけにレベルが入力のスレッショルドレベルぎりぎりだったようです。入力はシュミットトリガなんだからと安心していたのが間違いでした。
とはいえPSoC一個でできてしまいました。
クロックがふらつくので正確な測定には外部オシレータが必要かも。

さて波形整形回路をどうしようか?
Yahooブリーフケースにプロジェクトファイルを入れておきます。
dualfcounter.zipです。
とりあえずでっち上げたのでおかしな所やいい加減なところ、格好悪いコーディングが多々あると思います。あります。
なんとかしたいです、いや誰か手を入れて下さいませんか?
なんせ割り込み使わず処理してますので・・・。

とりあえず、表示を三桁づつ”,”で区切って見やすくしたいです。
24ビットカウンタを使ったので16MHzぐらいまで測れるはずです(まだ試してないけど)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんなところでひとつ. BYTE型 とか使ってもう少しメモリを節約できるでしょうか.

#include <stdio.h>

/* signf: 0...none(absolute value), 1...- 123, 2...-123 */
/* commaf: 0...12345, 1...12,345 */
void ToIntStr(int c, int keta, int signf, int commaf, char *buf) {
int i, f;
buf[keta+1] = '\0';
f = (c < 0); c = (f)? -c: c;
for (i = keta; i >= 0; c /= 10, i--) {
if (c > 0) {
buf[i] = (c % 10) + '0'; if (commaf && i > 0 && (keta - i) % 4 == 2) { buf[--i] = ','; }
} else {
if (signf <= 1) { buf[i] = ' '; } else { buf[i] = (f)? '-': ' '; f = 0; }
}
}
if (signf == 1) { buf[0] = (f)? '-': ' '; }
}

int main(int argc, char *argv[]) {
char s[32];
int signf, commaf;
for (signf = 0; signf < 3; signf++) {
for (commaf = 0; commaf < 2; commaf++) {
ToIntStr(87654321, 20, signf, commaf, s); printf("%10d(%d,%d) -> [%s]\n", 87654321, signf, commaf, s);
ToIntStr(-12345678, 20, signf, commaf, s); printf("%10d(%d,%d) -> [%s]\n", -12345678, signf, commaf, s);
}
}
}

実行結果です.
87654321(0,0) -> [ 87654321]
-12345678(0,0) -> [ 12345678]
87654321(0,1) -> [ 87,654,321]
-12345678(0,1) -> [ 12,345,678]
87654321(1,0) -> [ 87654321]
-12345678(1,0) -> [- 12345678]
87654321(1,1) -> [ 87,654,321]
-12345678(1,1) -> [- 12,345,678]
87654321(2,0) -> [ 87654321]
-12345678(2,0) -> [ -12345678]
87654321(2,1) -> [ 87,654,321]
-12345678(2,1) -> [ -12,345,678]

ありがとうございます。
もうすこし早くコメント見てたらよかった、さっきまであれこれやって自力でどうにか出来ました。
でも私のは汎用性がありません。
符号無し24ビットは十進で8桁なので、それを三桁づつ区切るだけです。

そういえば以前BytetoIntStr でもお世話になりましたね。

↑すいません.しくじりました.これは削除してください.
プログラム本文の方を修正しました.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog.fc2.com/tb.php/301-ad23cf2b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

DABP発振回路を使ってキャパシタのESRを測定する構想(2)断念 2018/02/15
Androidアプリ:Resonance Calculator LC共振回路の計算に便利 2018/02/03
DABP発振回路を使ってキャパシタのESRを測定する構想(1)追記あり 2018/01/27
スマホとmicro:bitをBluetoothでつなぎたいのだが・・・。 2018/01/27
Androidアプリ:Signal Generator 2017/12/31
エレコム EHP-AHR192 を試す。(1) 2017/12/17
AliExpressでお買い物:TPS60403テスト 2017/12/02
AliExpressでお買い物:スイッチトキャパシタ電圧コンバータ三種(1) 2017/11/29
ATmega328 Maximum Frequency vs. VCC 2017/11/26
AC電力計(2) 2017/11/19

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (434)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (32)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)
Android (1)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

ブログリンク

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん